デキちゃうけど、ナカでもいいよね。(神寺千寿)ネタバレ・続編も

黒髪の大人しい少女が彼兄からレイプ、中出しされて連続絶頂

デキちゃうけどナカでもいいよね ネタバレ

大人しいい見た目からは想像できない輪姦された壮絶な過去を持つJCの女の子・由菜ちゃん。

告白されて何となく付き合っている広瀬くんの家に遊びに行ったら、彼の兄が以前レイプされた仲間の一人で、お互いに驚く。

弟を体よく追い出し、部屋に連れ込み再び由菜に襲いかかるお兄ちゃん。

成長途上の貧乳を弄られ乳首を舐められて、恐怖からフェラ、中出しと、されるがまま。おちんちんでナカをかき混ぜられると、忘れていたはずの快感が蘇ってくる。恐れながらも連続絶頂し、気持ちよさが止まらない。

以前陵辱された時はまだ始まってなかった生理が今はあるので、生で射精しないようにお願いするけど、お兄ちゃんは聞き入れてくれない。

容赦なく突きまくり、デキちゃうのに中出しされる。

デキちゃうけどナカでもいいよね 続編

当初「デキちゃうけどナカでもいいよね」は1巻で完結していましたが、それから約2年後に続編が描き下ろされました。

もうすぐ北海道へ引っ越す広瀬君と学校の体育倉庫でセックスした由菜。童貞卒業の広瀬君は、気持ち良かったとはしゃいでいるけど、快感を知り尽くした由菜は物足りなさを感じてしまう。

夜、ドアひとつはさんでお兄ちゃんがまだ起きているのに、由菜はパジャマのズボンに手を入れてオナニーで慰めている。

そんなある日、彼のお兄さんとのエッチを撮影した写真を見せられ、家に呼び出される。写メで脅された由菜は、下着を脱いでチンコを舐めるように命じられる。

フェラしながら濡れてしまう由菜は、弟のお子様チンポでは満足しなかった事を見透かされている。

太くて長い大人ちんぽで突いて下さいと言うまで挿入を焦らされ、抵抗するけど我慢できなくなって、ついに「入れてください」と懇願する。

続編は『デキちゃうけどナカでもいいよね(2)』で電子配信されています。

≫ デキちゃうけど、ナカでもいいよね。【フルカラー】(2)

神寺千寿(かみでらちず)のセルフ同人誌

成年向け、TL、BLと多方面で活躍する神寺千寿さんは、サークル・mousse(むーす)での同人活動もされています。元々ロリ系が多く、ぷにぷにとした可愛い女の子に定評があります。

『デキちゃうけど、ナカでもいいよね。』の微乳ロリ少女・由菜ちゃんは、神寺先生の商業作品『204-light of room 204-』に登場しています。

2013年の冬コミ(コミケ85)で「204」のセルフ同人誌として、『弟の彼女がアノ時のJCだったので部屋に連れこんでヤリたい放題ヤっちった話』が頒布されました。

完売後、電子コミック版で「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」と改題され、配信されました。

続編にあたる第2巻は、電子コミック描き下ろしです。

204-light of room 204-も配信

「デキちゃうけどナカでもいいよね」の元になった『204-light of room 204-』も電子版の配信があります。

「デキなか」では詳しく語られていない由菜ちゃんの秘密がわかります。さらに幼かった由菜ちゃんがお兄ちゃんの友達の藤尾さんにレイプされてしまいます。

藤尾さんはかなり繊細な人で、由菜との関係もデリケート。ケダモノ男たちに由菜を襲わせたことも…。それでも尽くして体で奉仕する由菜がいじらしい。

≫ 204-light of room 204-

デキちゃうけどナカでもいいよね 見所

かつて輪姦されたことがある大人しくて可愛い黒髪ロリ少女の由菜がヒロインで、彼氏の兄として再会した相手にヤリ放題されるストーリー。貧乳、ロリ、陵辱が好きな人は必見の人気作品です。

1巻では彼氏との微笑ましいキスの後、過去に汚された男との再会、レイプシーン。

後日談の2巻では、写メで脅され再びヤリたい放題ヤられ、涙目でイキまくります。

彼兄と再会前、由菜は性的暴行のニュースを聞いてバックで突かれているシーンを思い出したり、オナニーしていました。オカズは彼兄のレイプだったのか、もっと前に好きな人だったのか気になるところです。

少なくとも初エッチを済ませた彼氏じゃないことは確か。もう由菜は、子供っぽいセックスじゃ満足できない体になってしまっているようです。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。【フルカラー】

≫ デキちゃうけどナカでもいいよね

≫ デキちゃうけどナカでもいいよね(2)